木の枝を切る

春から夏にかけて茂り放題の神社の境内の樹をダイナミックに切り落としていた。
夏の間は日陰ができてありがたい木であった。
道路に覆いかぶさった枝が冬になって雪が積もるようになったら下を歩く人に大量に落ちる危険がある。
木は冬でも全部葉が落ちないから。
それとあまり混んできたら通気が悪く虫が発生するかもしれない。

作業の人たちは切る人、受ける人のチームワークがとても良い。さすがプロの手際である。
私は相変わらず遅い朝食を摂りながらベランダ越しにのんびりと見させてもらった。



[PR]

by tabikoblog | 2016-09-08 20:49
line

百合が原


by tabikoblog
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30