<   2012年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


春の脇役  4月29日

時間不足で急きょ借り物の写真を使わせていただきました。    写真10枚

  今日の川柳
   
     はちみつがとろりとろりと眠くなる  旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-29 21:20 | 写真加工

夕暮れ時に  4月27日

            札幌市内のお花見と云えば円山公園
       あと1週間後が開花という4月27日、クラブの帰りに立ち寄ってみました。
       つぼみはまだ固く本当に1週間で咲くのか心配なくらいでした。

       サクラが咲くと一気ににぎやかになるこの辺も今は親子連れや
       犬の散歩でのんびりとした夕暮れ時をカシャっとしました。
a0193457_20575436.gifa0193457_20583018.gif
a0193457_2115959.gifa0193457_2123299.gif
















   今日の川柳

       夢売りのゆめは昨日で売り切れに  旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-27 21:09 |

昔  4月25日

JR札幌駅構内に展示されていました。

トウモロコシの皮だけで作った「昭和初期の農村風景」です。
作者のプロフィールは分かりませんが、「目が不自由な方の作品」と
そばで話されているのが聞こえてきました。

表情や身につけているもの、道具など当時の物を鮮明に表わしています。
人の営みの温かさを感じる作品にしばらく足を止めて見入ってきました。
   写真をクリック 拡大になります。
a0193457_2128235.gifa0193457_21282419.gifa0193457_21284394.gif

a0193457_21291831.gifa0193457_21294093.gifa0193457_2129566.gif








    



   今日の川柳

          朱に染まるだれかが叫ぶ25時    旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-25 21:38 |

川柳創作  4月23日

    
朝の10句 旅子作
               
               ヒンヤリを両手ですくう春の朝

               窓開けて昨日と今日を入れ替える

               老眼鏡耳に老眼鏡さがす

               コーヒーがポコポコ落ちるまでの距離

               マグカップ似合う色ですコースター

               サクラの芽自慢話はひっそりと

               残雪がはじく光もいとおしく

               三角と四角が通るバージンロード

               生きるとはなどの説教横に置く

               泣き顔の素顔ベッドに置いて出る

[PR]

by tabikoblog | 2012-04-23 08:55

春に溶け込む  4月21日


        桜の開花予想がなされ・・・いよいよ生命力がみなぎる春です 
           特に今年は新しいこの地で迎える最初の春。
            以前のところと違い小鳥の声は聞こえないけど、
                木の芽が芽吹く音は聞こえないけど
                   活気ある車の往来に、絶え間ない人の流れに、
                      私も愛車のペダルを踏み、街の景色の中に溶け込むと自然に力が湧いて来るような
                           いつもの春とは違う自分を感じています


    
       風の色好きでこの地の人となる  旅子


   今日はカメラクラブの会合の帰りにお花屋さんで鉢花をひとつ買いました。
              
                      エンジェルランプ
a0193457_2023526.gif


          芽吹く春若い命の音がする   旅子



       間もなく始まる春のシンボル、桜の宴を前に穏やかな日差しの夕暮れ時でした。
  
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-21 20:25 | 生活

SSN(札幌シニアネット)春の旅 part3 4月19日

ガイドさんのお話
日米和親条約で日本総領事として下田に就任した「ハリス」は慣れない異国暮らしからか体調を崩してしまう。

当時芸者だった斎藤 きちがその看護にあたりそのまま現地妻となったが当時の日本人は外国人に偏見を
持ったためきちは「唐人お吉」と云われ世間からの冷たい目に耐えられずハリスと別れ横浜に流れた。
後にここ下田に戻って小料理屋「安直楼」を開いた。

a0193457_18373211.jpg

しかし酒に溺れて間もなく倒産。
遂に川へ身を投げ、自らの命を絶ってしまった




      国が大きく転換する陰で世相に翻弄された一人の女の終幕を聞きました。
      51 歳だったそうです。

今日の川柳
  
流される艪のない命尽きるまで   旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-19 18:39 |

大倉山  4月17日

ご覧のようにジャンプ台にはまだ雪が残っていました。
         4月16日撮影
a0193457_20313613.jpg

                虹と雪のバラード碑
a0193457_20323241.jpg

                長い長いエスカレーターに乗って
a0193457_2033887.jpg

      自然に囲まれた展望台。
      この日は残念ながら曇りで風が強くて寒く、すぐに引き上げましたが
      晴れの日はモエ沼公園まで見えるそうです。
      もっと暖かくなってから大倉山の夜景を満喫したいと思いました。

   今日の川柳
          
         見上げると空に溶け込むジャンプ台  旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-17 20:39 | 未分類

SSN(札幌シニアネット)春の旅 part2  4月17日

旅で出会ったお花さん達へ
    「桜さんスイセンさんウメさん、にっこり笑顔で迎えてくれてありがとう。 
            とっても可愛かったよ。」
                     
写真9枚クリスタルで遊んでみました
  
      今日の川柳           笑い声びっしり詰めてバスツアー  旅子 

              
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-17 10:59 |

SSN(札幌シニアネット)春の旅 part1  4月15日

静岡の聖地「久能山東照宮」
a0193457_157313.jpg

晩年を静岡で過ごした徳川家康はご自身の希望でここ久能山に葬られているそうです。

私たちはロープウエイを5分で景色を楽しみながら境内まで行かれましたが、
ロープウエイ―が開通するまでは山下にある鳥居から数えて1159段の石段を
足で登ったと云うことです。
1159の数字は「いちいちご苦労さん」と覚えやすい数字です。
ほんとうに御苦労さま。  
          写真はクリックで拡大になります。
a0193457_1592999.jpga0193457_1593859.jpga0193457_1594860.jpga0193457_1595992.jpg

a0193457_15142426.jpga0193457_15143216.jpga0193457_15144613.jpga0193457_1515258.jpg








徳川家康公の遺骸が埋葬されている神廟(しんびょう)までは一段の高さが高い数えきれない石段を登りました。
丁度お昼時でこの由緒あるお墓の前でお弁当を広げてる人もいましたよ。

今日の川柳

ウグイスの初音と昇る久能山  旅子
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-15 15:22 |

SSN春の旅行 ケータイから4月13日

a0193457_13283867.jpg

4日間の旅は毎晩の大宴会をメインに伊豆半島貸し切り状態でにぎにぎしく終わり帰路についています。 写真は最後の見学地久能山東照宮
[PR]

by tabikoblog | 2012-04-13 13:28 |
line

百合が原


by tabikoblog
line
カレンダー